バイヤー

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

バイヤーについて

仕事内容

生産元から売れると思う商品を見極めて買い付け、店に並べるのが主な仕事。
買い付ける商品は、洋服・靴・宝飾品・家具・家電・雑貨など様々。
セレクトショップでは、靴・服などのジャンルを分ける場合もある。
デパートや量販店では、複数の売り場の商品の買い付けをすべて任せられることも。
購入商品が決まったら、値段を決めたり、販売スタッフや広報担当者に商品のコンセプトをつたえたり、商品のレイアウトを考えることもある。

仕入れる個数や品揃えも調節するため、企業の売上・経営の要ともいえる。
日頃から流行に敏感になることが必要。
良い商品を選ぶセンスだけではなく、商品を確実に売るための分析力・計算力も重要。

必要なスキル
必要な資格は特になし。
ファッションセンス・特定のジャンルだけではなく幅広い視野を持っているかがポイント。
自分の感性だけではなく、売れるか見極めができること。
客観的に市場調査や売れ筋商品をデータから把握する分析力。
海外への買い付けも必要な時には、英語力があると役立つ。
平均給与・年収など
平均年収:約360万~580万円
平均月収:約20万円
身につくスキル
冷静な判断力・分析能力、売り上げに結びつくアイデアを出す能力。
高いファッションセンス。
この職業に就くには
販売員として店の客層を把握したり、売れ筋商品を分析するなどの経験を積む所からスタートし、力がついたころに少しずつ商品の買い付けを任せてもらえるケースが多い。
まずは、販売スタッフとして商品の売れ筋やファッションの商品知識・売上管理などについてのノウハウを学ぶこと。

バイヤーの求人をお探しなら、販売職以外のアパレル求人も多く見つかる以下のアパレル転職サイトがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A