ファッションディレクター・営業

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ファッションディレクター

仕事内容
ファッションに関するあらゆることをこなす専門家のこと。
ファッションの監督・管理者・指揮者の役割を担う。
必要なスキル
特別な資格は必要なし。
ファッション知識や流行、社会事情、経済や文化などの幅広い知識や鋭い感性が求められる。
様々な職種の人達とたくさん関わるので、コミュニケーション能力が必須。
この職業に就くには

服飾系の大学・短大・専門学校などで市場調査の方法、マーケティングの仕方、ショップ経営などのビジネスに関するスキルや斬新な企画を生み出せるデザイン・発想力を身に付ける必要がある。
幅広いファッション流通業界に通用する企画力・商品知識・実務に関することも学ばなくてはいけない。

百貨店やアパレルメーカーで企画制作・営業・販売などの専門職として経験や腕を磨き、それからファッションディレクターとして活躍するのが一般的。
将来的にはファッションディレクターに留まらず、ファッションショーの企画・演出会社に就職してディレクターアシスタントとして活躍することもできる。

営業

仕事内容
商品を売る(販売)会社に所属。自社製品を効率的に販売することを中心に担当する。
百貨店や専門店、量販店など小売の得意先に対し営業活動を行う。
販売先別の予算及び利益予算の責任を持ち、商品の注文を受け、商品を納品したり、在庫状況の把握や店頭での売れている商品などの情報収集をする。
新規取引先の開拓・取引条件の交渉など、会社の経営に直接関わる高度な仕事も含む。
さらに派遣販売員の管理まで、その業務は非常に多岐にわたる。
平均給与・年収など
平均年収:約330万~460万円

ファッションディレクター・営業の求人をお探しなら、アパレル販売以外の求人も多く取り扱っている以下のアパレル転職サイトがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A