デザイナー

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

デザイナーの仕事について

仕事内容

アパレル商品のデザインをするスタッフ。一般的にファッションデザイナーと言う。
職責に応じてチーフデザイナー、アシスタントデザイナー、と分かれているところが多い。

大手ブランドになると、布帛(ふはく)・ニット・カットソー・小物別に分かれ、さらには布帛(ふはく)でもコートやジャケット担当、トップス担当、ボトムス担当と分業されることもある。
※布帛とは・・・麻・木綿などの布と絹織物。織物の総称。きれ地。

必要なスキル
必須の資格は特になし。
洋裁技術検定・パターンメーキング技術検定・ファッション色彩能力検定・カラーコーディネーター検定試験などが役に立つ。
求められるスキル、資質
企画力・デザイン力・情報収集能力・手先の器用さ・コミュニケーション能力・美的センス
平均給与・年収など

平均年収:約300万~700万円
平均月収:約30万円

チーフクラスになると、500万~600万円ほどになることも。
独立後は、ピンからキリまで有名デザイナーになれば年収数千万円から数億円になることもある。

身につくスキル
ファッションに関する企画力やデザインスキルがアップする。
スタッフをまとめる調整能力。
コミュニケーションスキル。
この職業に就くには

服飾系・被服系の大学、短大、専門学校でデザインの基礎を学び、卒業後、アパレルメーカーに就職し、アシスタントなどの経験をしながらファッションデザイナーを目指す。

独立を目指す場合は、アパレルメーカーに勤務しつつ自分の作品をコンクールなどに応募する。
入賞したり、名前が業界に知れ渡ると独立も夢ではない。

デザイナーの求人をお探しなら、アパレル専門職の求人も多く見つかる以下のアパレル転職サイトがオススメです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A