ビューティーアドバイザーに向いている人

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

美容部員に必要なこととは?

美容部員(ビューティーアドバイザー)に向いている人は、まず化粧品やメイクなど、美容に興味がある人です。

新発売のスキンケアはいち早く試してみたくなったり、自分に似合うメイクを研究するなど、美容のための努力を惜しまないタイプの人ならピッタリです。

美容部員は新作のコスメをいち早く試せるのですから、最新コスメ好きの人にとってはとても楽しい仕事です。

また、自分だけではなく人にメイクをしてあげるのが好きで、友達にメイクをしてあげたいと思うような人もいいでしょう。

常に新しいメイク法や流行のメイクをチェックしたり、それを楽しめる人であることも大切です。

最新のコスメを紹介しているBAさんが昔から変わらない古臭いメイクをしていたら、その商品の魅力が半減してしまいます。

接客業としてのコミュニケーション能力も必要

また、美容部員は接客業ですから、お客様とコミュニケーションをとることも大切です。

お客様に覚えてもらって、固定客を増やすことが売り上げにつながります。

そのためには、楽しくコミュニケーションをとれることが大切。

化粧品やメイクについて相手が喜ぶ情報を提供するのはもちろんですが、同じ女性として時にはおしゃべりを楽しむなど親しみのある接客を好むお客様もいれば、あまり深い話はしたがらないお客様もいます。

相手に合わせた接客ができることが売り上げを伸ばすためには大切なのです。

最後に、美容部員は体力のいる仕事です。

慣れるまでは足が痛くて苦労するという声をよく聞きます。

一日中売り場に立ちっぱなし、しかもヒールのある靴を履き、笑顔で立っているのは辛いものです。

しかも日によっては接客後に勉強会やミーティングなどで遅くなることもあります。

慣れてくれば立っていることにも徐々に平気になってきますので、はじめのうちはできるだけ無理なく履けるパンプスを選ぶなどして乗り切りましょう。

◎美容部員求人が多く見つかる転職支援サイト・派遣会社

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A