美容部員になるためには

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

とくに資格を持っていなくても大丈夫

美容部員(ビューティーアドバイザー)になるためにはどうしたらいいのでしょうか。

美容部員には特に資格が必要というわけでありません。

化粧品メーカーなどに就職するのが近道ですが、基本的にはその時美容についての知識は必要ではなく、入社してから美容や化粧品についての知識をみっちり叩き込まれます。

美容やメイクへの関心がなければ辛いかもしれませんが、好きな人であれば大丈夫でしょう。

接客の経験があると、採用されやすくなる可能性はあります。

化粧品メーカーに就職する以外にも、化粧品専門店や、百貨店の募集に応募するという方法もあります。

メーカーに就職した場合は、配属先によっては別の仕事になることもありますが、化粧品専門店や百貨店が職種を指定して行う募集であれば確実に美容部員として働くことができます。

また、化粧品専門店によっては、メーカーを超えてお客様に提案できるので、本当にメイクが好きな人にとっては楽しいと好評です。

美容部員の求人はどこで見つかる?

その他、美容系の専門学校を出て美容部員になる人も少なくありません。

化粧品メーカーによっては、専門学校からの推薦で就職する学生を決めるところもあります。

専門学校を出たばかりの学生ではもちろん経験者採用というわけではありませんが、少なくとも基礎的な知識は持っていることから重宝されます。

化粧品メーカーでは中途採用を行っているところも少なくないので、中途での入社を狙う場合はこまめに募集の情報をチェックすることが大切です。

ただし、シャネルなどの高級外資系メーカーは、経験者のみの中途採用を行うことも多いので、国内メーカーで経験を積んでステップアップをめざすのもいいでしょう。

美容部員の求人情報は、アパレル派遣会社や転職支援サイトで見つけることができます。

気になるブランドの求人情報をいち早く手に入れるためにも、こうした派遣会社・転職支援サイトに登録しておくといいでしょう。

◎美容部員求人が多く見つかる転職支援サイト・派遣会社

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A