「洋服が好き」というだけでアパレルバイトは出来る?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

採用の際最も重要視される「志望動機」

イメージ

アルバイトに応募する場合、必ず必要となるのが履歴書です。

履歴書は、学歴を書く欄が一番大きく割かれていますが、他にも記入することがあります。

そして、採用をする側が最も重要視するのが「志望動機」です

もちろん、学歴の確認やアパレル業界の経験などもチェックしますが、こういった事項はあくまでも確認するだけ。

採用する側にとって大事なのは、「どうして自社に応募してきたのか」ということなのですね。

この志望動機から、本人のやる気、真面目さ、誠実さなどの人柄を判断します。

どんな企業でも同じですが、アパレル業界でも、仕事にきちんと取り組んで成果を出す、という人材を求めています。

それを判断する材料となるのが志望動機なのですね。

「好き」という気持ちがなければ仕事にも積極的に取り組めない

アパレル業界が未経験の方だと、「単に洋服が好きなだけじゃだめなんだ」と思っている方もいるでしょう。

確かに、アパレル業界の仕事は、洋服が好きというだけで出来るものではありません。

接客のマナーも必要ですし、商品を売り込む販売能力だって必要です。

バックヤードでの仕事もありますから、洋服にかかわり合うだけが仕事じゃありません。

しかし、根底に「洋服が好き」という気持ちがなければ、アパレル業界の仕事は勤まらないのも事実

オシャレに興味がない、洋服は特に好きじゃないという人だと、どんな仕事内容でも積極的にこなせないものです。

業務の内容は、実際に働きはじめてから学べばいいことです。

お洋服が好きだからアパレル業界で働いた、というのであれば、あらゆる仕事を積極的に覚えていくでしょう。

採用側は、そういったことをちゃんと理解していますし、経験しているものです。

確かに、「お洋服が好き」という理由だけだと、志望動機としては弱いでしょう。

しかし、仕事を成功させる一番の基礎は「好き」ということ

どんな洋服が好きなのか、洋服とどのように関わっているのか、洋服に対しての思い。

つまり、「好き」ということを掘り下げて、具体的な「好き」を挙げることが出来れば、アパレル業界でアルバイトをすることは充分に可能です。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A