高校生でもアパレル業界でバイトできる?

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

高校生不可の場合も

イメージ

高校生がアルバイトをする場合、校則はもちろんですが、他にもいろいろ制限があります。

まず大きいのが年齢で、職種によっては18歳以上でないと働けないものもあります。

また、時間帯も関係しますし、学生ということ自体で応募が出来ないこともあります。

これはアパレル業界も同じで、18歳以上でも高校生はNGの場合があります。

ショップ店員の仕事は、午前中から夕方にかけての時間帯も人材が必要です。

高校生だと、平日の昼間のシフトに入れないのが一般的なので、高校生はNGとなることがあるのですね。

ただし、ショップが混雑するのは、基本的には土日祝日です。

ですから、ショップのシフト状況によっては、土日祝日に働ける人を募集しています。

つまり店舗によって、どこのシフトを埋めたいかによって、求める人材が変わってくるということ

それに、ショップ店員の場合だと、高校生が働いてはいけないということはありません。

中には、積極的に高校生のアルバイトを募集しているところもあります。

中には積極的に高校生を採用している所も

他にも、将来性を見込んで、あえて高校生を採用しているショップも少なくありません。

高校生の頃から裏方の仕事や販売、接客マナーを身に付けて、社会人になったら正社員として即戦力となってもらう。

こういった長期的な考え方で、高校生のアルバイトを募集しているショップもあるのです。

ただ、いずれにしてもショップがどのような考え方で人材を求めているか、ということは、求人媒体の募集要項を見ているだけではわかりません

年齢など条件に関しても、交渉次第では融通が利くことだってあります。

つまり、高校生がアパレル業界でアルバイト先を見つけるには、簡単なコツがあるのです。

それが、アパレル求人情報サイトやアパレル専門の転職支援サイトを利用するということ。

こういった求人情報サイトだったら、条件を入力して、その条件に合う求人案件を探すことが出来ます。

また、アドバイザーが詳しい情報を教えてくれるので、ショップが求める人材もつかみやすいというメリットもあります。

求人情報サイトを利用すれば、高校生のアパレル業界でのアルバイト先もスムーズに見つかるでしょう。

高校生可のアルバイトをお探しの方におススメしたいのがジョブセンスです。

アパレルだけでなく様々な条件のお仕事が探せますし、地元で働きたい方にもおすすめです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A