アパレルバイトのメリット・デメリット

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル業界でアルバイトをする事によるメリット

アパレル業界でアルバイトをする事によるメリットはたくさんあります。

まず、一般的には自分の好きなブランドを扱っているお店で働くので、毎日好きな洋服を着て働くことが出来ます

つけまつ毛や派手なネイルも問題ありませんし、髪型や髪の色も自由というところが多いのもメリットですね。

普通のアルバイトなら、どうしてもファッションに制限が出てきます。

でも、アパレル業界なら、ファッションに関しては制限がないので、オシャレを思う存分楽しむことが出来ます。

また、そのブランドの服を社割で購入出来るのも大きなメリット。

アパレルで販売をする場合は、マネキンの役割も果たしているので、新商品を着ることが多くなります。

ですから、常に最先端のファッションを安く購入出来るのは嬉しいですよね。

他にも、センスが良くなる、接客マナーを学べる、お客様のコーディネートが出来るなどのメリットもあります

ノルマがかなりプレッシャーになることも

その反面、やはりデメリットもあります。

デメリットの中で一番大きいのは、ノルマと体力的なことでしょう。

店によって違いがありますが、多くの場合、販売員個人か店舗全体にノルマが課せられています。

ノルマを達成しないと、減給されてしまうこともありますし、働きづらい環境になってしまいます。

しかしお客様がこなければ営業も出来ませんから、ブランド力が弱いお店だとノルマはかなりプレッシャーになるでしょう。

そして、販売員は長時間立ちっぱなしです。

忙しい時間帯なら気にならないかもしれませんが、暇で仕事もないという時は辛いですね。

もちろん、家に帰るころには足がぱんぱんにむくんでしまう、ということも少なくないようです。

また、品出しの時には、洋服を何枚も運んだりしなくてはいけないので、結構重労働です。

セールや繁盛期だと、休憩もなかなか取れないので、食事時間もばらばらです。

とは言っても、アパレル業界でのアルバイトはとにかく華やかです。

女の子が憧れる職業でもあるので、やりがいの方が先に立つ仕事です。

ですから、あまりデメリットが苦になるということはないのがアパレル業界のメリットとも言えるでしょう

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A