外資系ブランド販売職に強い派遣会社

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

外資系ブランドで働く

イメージ

外資系企業の定義は、ウィキペディアによると、「外国法人又は外国人が一定程度以上の出資をする日本の企業」だそうです。

さて、ぽんと外資系ブランド、と言われるとどんなメーカーが思い浮かぶでしょうか。

例えばH&Mや、gap JAPAN(ギャップ ジャパン)、Samantha Thavasa Japan Limited(サマンサ タバサ ジャパン リミテッド)、Ralph Lauren(ラルフローレン)、aganes b(アニエスベー)、スポーツ用品で有名なPUMA(プーマ)など有名どころから、あまり知られていない企業まで非常に多くの会社があります。

これらのブランドが大好きで、外資系のブランドで働きたい、という方も少なくないと思います。

では、これらの会社で働くにはどうしたらよいのでしょうか。

アルバイト情報誌や正社員向けの求人情報誌でも、全く掲載されていないということはありませんが、非常に数は少ないかと思います。

一番は、アパレルに特化した転職サイトや、転職支援サービスなどを活用することでしょう。

また、外資系ブランドの販売に強い派遣会社も中にはありますから、そういったところで探してみることをオススメします。

オススメの派遣会社、転職支援サイト

派遣会社の中ではIDA(アイ・ディ・アクセス)が人気があります。

アパレル専門の転職支援サービスでは、外資系の求人が豊富にあるのが、パーソルキャリアの運営するCREDENCE(クリーデンス)です。

転職支援サービスと人材派遣会社では、その性質に大きな違いがあります。

転職支援サービスは、応募者と企業の間に仲介である転職支援サービスが入り、応募者に合った求人情報を紹介してくれます。

この場合は企業の直接雇用ということになります。

一方、人材派遣は、雇用主が派遣会社になり、給与などは雇用主である派遣会社から支払われます。

派遣会社から紹介された職場に期間限定で出向くことが多く、仕事の指示は派遣された先で受けることになります。

派遣の場合は直接雇用ということではありませんから、どちらがいいかというのは一概には言えません。

ですから、いくつか転職支援サイトや人材派遣会社に登録してみて、一番自分にあう会社を見つけてくださいね。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A