通常派遣と紹介予定派遣の違い

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

紹介予定派遣とは?

イメージ

通常派遣と紹介予定派遣の違いを考えてみましょう。

通常派遣とは、派遣会社に登録して就業先の企業で派遣社員として働く事です。

雇用契約は派遣会社と結ぶ事になります。

紹介予定派遣とは、将来正社員で働く予定で一定期間派遣社員で働いた後に、正社員として働く事になります。

ですから、正社員として入社する前に人間関係や会社の雰囲気、業務内容などを知ることができます。

つまり、派遣社員として働いている間で自分に合っているかを知ることができます。

最初から正社員で働くのではなく、契約社員で働いてみて職場環境を体験してみるという場合もあります。

一定期間働いてみて双方の合意が得られた場合に、正社員として働く事になります。

ですから紹介予定派遣とは、正社員で働く予定が有る派遣となります。

通常の派遣との違いは、将来的に正社員で働く予定があるかどうかです。

派遣や契約は、業界未経験という方もいますが、すでにある程度のスキルを持っているという方は少なくありません。

その意味でも、企業にとってもメリットがある場合もあるのです。

安定を求めるなら正社員

やはり、様々な理由で正社員で働きたいという方は少なくないでしょう。

ですが、正社員の仕事を探すのは大変です。
そのため、紹介予定派遣を利用するという方も少なくありません。

正社員でも派遣社員でも、どちらの働き方にもメリット、デメリットがあります。

やはり正社員の方が、派遣社員よりも雇用条件がはっきりしているでしょう。
派遣社員は正社員よりも、勤務時間に融通が利き、フルタイムで働けなくても働く事が出来ます。

派遣社員の働き方も正社員で働くまでの間だけという人や、気軽に派遣社員で働きたいという人など、人それぞれです。

デメリットは、契約社員よりやはり正社員の方が安定しているという事です。

派遣社員も契約社員も、契約期間があることもデメリットといえるでしょう。

契約社員は企業と直接契約ですが、派遣は派遣会社との契約になります。
どちらも契約期間がありますが、派遣の場合、3カ月や6か月などの区切りで更新されることが多く、そのたびに更新しなけらばならないなどの面倒もあります。

また、契約社員はボーナスも出ない事が多いです。
それに住宅ローンの借り入れが難しいという事もあります。

契約社員より正社員の方が、信頼感・安定感があります
いずれにしても契約社員より正社員になれるのであればなった方が良いです。

とはいえこんな時代ですから、契約社員の割合はまだまだ多いのが現状です。
安定を求めるのであれば紹介予定派遣で一定期間働いた後、正社員で働きましょう

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A