アパレル業界の就業形態

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

裁量労働制も多い

イメージ

アパレル業界での就業形態の中には、裁量労働制を適用している職種があります。

全部が全部裁量労働制ではありませんが、比較的デザイナーなどに多く見られます。

裁量労働制とは、企業から労働時間を決められたり仕事の指示を受けずに、個人に任せる制度です。

デザイナーなどの職種は時間管理が難しい為、裁量労働制の対象となっています。

全部の職種が対象になっている訳ではなく、届出をされた職種のみが対象となります。

アパレルの仕事は職種がたくさんあり、どれが自分に向いている仕事かわかりません

実際に行う仕事は自分が希望した職種ではないかもしれません。

そうした場合、派遣で働く事をオススメします。
自分に合う仕事か見極める為に、期間限定で働く事が可能です。

色んな企業で働いてみるのもおすすめ

もちろん正社員で働く選択肢もありますが、最初からは難しいかもしれません。
派遣社員で働いていて認められたら、正社員の道も開けるかもしれません。全て自分次第です。

派遣会社に登録して、色んな企業で働いてみるのも良いと思います。
色んな就業の形がありますから、自分のライフスタイルに合った形で働いてみて下さい。

一つのところでずっと働くのも良し、自分の可能性を信じてチャレンジするのも良いのです。
決まりなんてありません。自分の心地よい就業形態で働けば良いのです。

職種によっても働き方は変わって来ますので、それをどうやって判断すれば良いか悩む事もあるでしょう。
でもアパレルの仕事が好きという前提がありますから、どんな形でもアパレル業界の仕事に携わっていたいと思うのでしょう。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A