求められる人物像

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

ファッションに興味があるだけではだめ

イメージ

アパレル関連の雇用側が求める人材とは、どの様な人物像なのか考えてみました。

アパレル関連の企業というと、一見華やかな感じがしますが実際はどうなのでしょう。

ただファッションセンスがあるだけでは、採用されないでしょう。

ファッションに興味があるのはもちろんですが、華やかな仕事ばかりではないのでそのギャップに負けない人が良いでしょう。

もちろん接客業なので、コミュニケーション能力は求められます。

販売の仕事だとしたら、清掃、売上げのノルマや在庫管理など、裏方の仕事もこなせる人材が求められます。

華やかな仕事ばかり想像していた人は、がっかりしてしまうでしょう。

コミュニケーション能力も必要

採用担当者が一番重視する点は、自分の考えを言葉に出来る能力です。
自分の気持ちや自分の感覚を他人に説明する事ができなければ、相手に理解してもらえません。

自分の感性という形ないものを形にする訳で、その能力がないと作れるものも作れないからです。

コミュニケーション能力といっても様々な形がありますが、お客様とだけではなく、周りにいるスタッフとも良いコミュニケーションが取れなければ、良い製品は作れないでしょう。

企業理念というものを肝に銘じて、お客様が喜ぶものを作って行きたくはないでしょうか。

サービス業の気持ちとしては、お客様が喜ぶ事がサービスを提供する事が、サービスを提供している者の喜びだからです。

雇用する側が求める人材の人物像は、サービス精神を忘れず、コミュニケーション能力のある、仕事に一生懸命取り組む人なのではないでしょうか。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A