ファッションアドバイザーの仕事内容

人気のアパレル派遣会社3社大特集!特集ページへ

アパレル業界で最も多い仕事

アパレル業界のお仕事の中でも、最も募集人数が多いであろう、ファッションアドバイザーに関して詳しく掲載していこうと思います。

ファッションアドバイザーとは、こちらの記事でも掲載していますが、お客様の商品選びの際のアドバイス、コーディネートなどを行い、トータルプロデュースする事が主な仕事内容となります。

主な職場として、百貨店、アパレルの小売店などがあります。

自社ブランドの商品知識はもちろんの事、ファッショントレンドにも敏感で今年の流行なども抑えつつコーディネートをお客様に提案できると、満足のいく買い物をして頂く事ができるでしょう。

お客様も今年のトレンドはやっぱり気になる方が多いです。そうした提案力も、大切な能力となります。

トレンドに敏感で、積極的に自分のファッションにも取り入れていくことが出来る方は、自然にそうした会話もしやすいですから、ファッションアドバイザーに向いていると言えると思います。

ファッションアドバイザーの仕事は、お店の売上げに直結しますから、売上げ(数字)も追求しつつお客様の納得感、満足感も大切に出来るとお客様もついてくれて(リピーター)より仕事がしやすくなっていくでしょう。

求人サイトでは厳密にファッションアドバイザー、ショップ販売員と分けている所は少ないので求人検索をする場合には、販売員・販売スタッフで検索すると見つけやすいでしょう。

接客以外の仕事内容

ファッションアドバイザーの仕事内容としては接客は重要なお仕事です。

商品が売れないとお店の売上げになりませんから、最も力を入れるべきところでしょう。提案したコーディネートがそのまま売れて、お客様も喜んでくれると、とても大きなやり甲斐を感じる所でもあります。

接客以外にも、ファッションアドバイザー/販売員としての仕事はたくさんあります。

など。
いずれも大切な仕事となります。

ファッションアドバイザーになるには、アルバイトとして入社される方もいますし、最初から正社員として新卒として入社する方も多いです。

未経験可の求人も多いですから、社会人経験のある方でやっぱり服が大好き!という方も転職されてくる事もあります。

最近では専門学校でファッションアドバイザーの専攻学科を設置している所も増えています。アパレル業界への就職をこれから目指す高校生の方は、目標が決まっているのであればこうした専攻学科のある専門学校を選択しても良いかもしれません。

既卒だったり、もう大学卒業間近!という方は、アルバイトから正社員登用などありますから、目指しても良いでしょう。

ファッションアドバイザー/販売員としてキャリアを積んだ後は、専門職へキャリアアップされる方も多いです。

トップに戻る

ファッショーネに聞いた!アパレル転職の疑問Q&A